誰がためにキーを打つ

問題解決記録集。

CG関係でよく聞く英語|まとめ|更新中

(2013.04.09 更新)

 

映像関係でよく聞く英語。辞書で調べればすぐわかるが、語源から何を意味するかイメージできるとよいだろう。

 

Bounce|バウンス
「跳ねる」「ぶつかる」の意。「相手側に何かを渡す」などのニュアンスで使われる

 

〓Collapse|コラップス
「崩壊する」「崩れる」の意。クロップされたものを引き出すことにも。

 

〓Compose|コンポーズ
「構成する」「組み立てる」の意。Pre(前)がついた、Pre-Composeの意味をわかるはず。

 

Composite|コンポジット
「合成する」「合成」の意。AfterEffectsは合成ソフトとか言われる。。

 

〓Crop|クロップ
「刈り取る」「切り取る」の意。クロップされた画面はレイヤーの大きさをそのまま保持している。

 

〓Emitter|エミッター
(光などを)「出す」「放つ」の意。オブジェクトの発生元で使われる。

 

〓Fractal|フラクタル
「次元分裂図形」の意。複雑系の話でも。

 

〓Layer|レイヤー
「(重なった)層」の意。AEでは積み上がった個々の層を指す。

 

〓Nest|ネスト
「(鳥や蜂の)巣」の意。AEではネスト化という表現をするときまとめるという意味合いで使われる。

 

〓Node|ノード
「節」「節点」「交点」の意。

 

〓Null|ヌル
「空」「存在しないもの」の意。親子関係の頂点でよく使われる。

 

〓Opacity|オパシティ
「不透明度」の意。Transparencyとほぼ同じ。

 

〓Transparency|トランスペアレンシー
「不透明度」の意。Opacity|オパシティも同様の意味。

 

〓Turbulence|タービュランス
「乱気流」の意。パーティクル関係を扱うパラメータで出てくることが多い。